お知らせ

自動車リユース部品「33部品」の追加調査を実施

2018.07.28

CO2削減効果の数値化に対応する部品点数を増やす為に、NGP組合員であるマルトシ青木(静岡県藤枝市)に協力いただき、追加で31部品(左右併せて33部品)をそれぞれ車両タイプに分けて複数用意し、素材/重量調査を実施いたしました。
当日は、富山県立大学と明治大学の学生も参加し、工場の見学や、調査のサポートを通じて、自動車リサイクル業界や、自動車リサイクル部品に対する見識を深めました。

部品は分解できるところまで分解し、細かく重量と素材の調査をします。

1つの部品に対し、軽自動車からSUVまでタイプを変えて複数部品調査することで、より正確なCO2削減値を算出することができます。

【一覧へ戻る】


 令和元年6月
リユース部品利用に
伴うCO2削減量
2,462t
リターナブル梱包利用に伴うCO2削減量
2.1t